読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Gold!

羽生結弦くんの応援ブログです。ここで記載されている内容はあくまでも私の個人的な意見であり、正当性を評価したものではありません。どのように受け取るかはそれぞれがご判断ください。

【雑感】なぜ、ゆづはチャンに勝てたのか。

本当は素敵な書きたいことがたくさんあるのだけれど、どうしてもこれは書いておく。
「転んだのに優勝なんておかしい」というたくさんの疑問に答えられたらいいな、と思ったから。
もちろん、SPでのアドバンテージがあったから。
でも、フリーであれほど点数が出たのにはちゃんと理由がある。

もうすでに多くのフィギュアに関わる人が書いていることなので、二番煎じだけれど。

現地で見みると、パトリック・チャンのスケーティングの凄さに気づきます。
本当にあっという間に遠くに移動していたり、ものすごくエッジが倒れてることも分かる。
だから、スケーティングでチャンに勝てる人はいまシングル男子ではいないでしょう。

でもよくよくフィギュアの点数を紐解いていくと、ジャンプの比重がとても高いことに気づきます。
例えば、今回のゆづが予定していたジャンプをすべて飛んだ時の基礎点(GOEが付く前のもの)はなんと、74点。そして、それについたGOEを足すと、12.6(-3)になります。
そう、290点超えという大きな数字の3分の1がジャンプでの点数になっているということです。
しかも4Sは確かに、着氷できず転倒しましたが、ちゃんと4回転を回りきっての転倒だったので、
基礎点をちゃんと取ることができているのです。

例えば4Sを飛ぶつもりだったのに、パンクして2S(去年のゆづのGPFのフリーではそうでしたよね?)になると、基礎点が1.4となる。
4Sの基礎点が10.5であることを考えると、こちらのほうがダメージが強い。
なので、今回の4Sは着氷は出来なくて、転倒したのでGOE-3と減点-1と引いても、6.5の価値のあるジャンプになっているわけで、3Lzの基礎点より高いポイントが取れます。

ようするに、ジャンプは回転不足よりも回りきって、ステップアウトや転倒の方が、はるかにいいということです。
だけど、フィギュアのこの採点の詳細を知らない人にとっては転んだのに、なぜ?という事になるのでしょうね。

結局、チャンとゆづのTES(技術点)は102.03と97.13で4.9ポイントも差が付いているのです。
それは跳ぼうとしているジャンプの種類が違うから。
比べるとこんな感じ。

f:id:t_seria:20131209231113p:plain
【※GPFの予定構成のジャンプの基礎点】


いかにゆづが後半で難しいジャンプ(点数の高いジャンプ)を飛んで点数をかき集めたか、が分かります。
そして、ゆづの強みは4回転を2種類飛ぶことで、さらに3回転ジャンプ、3Aと3Lzという高得点の要素を2つも入れることが来ているのです。

ゆづはわかってるんですよ。
PCS(演技構成点)ではチャンや大輔に勝てないと。
だからTES(技術点)を極限まで上げる、そういう戦略でソチオリンピックに臨むつもりで、去年から、ジャンプの点数が1.1倍になる後半に高難度ジャンプを組み込み、スタミナ、スタミナ、と言われてもやり続けたんです。
去年、たとえ滑りきれなくても、今年につなげるため。
それは4Sも同じ。
4Tを2回跳ぶほうがゆづにとっては楽かもしれない。
だけど、それを選ばなかったのは、ジャンプ構成を彼ができうる最高の構成にするためなんです。
2年かけてそれを完成させようとしているんだな、と感慨深げでした。


それはそれぞれでいいと思う。
ルールを最大限に利用して、自分の強みを生かす。
それが勝つための戦略。

それなのに、昔の採点のほうがフィギュアらしいとか。
ジャンプだけがフィギュアじゃないとか、言ってることの意味がわからない。
金メダルを手に入れたいなら、そうやって得意なものを生かして勝ち抜くしかないんだよ。

苦手な3Aを1つしか入れないけれど、それ以外の要素で勝ち抜くと選択をしたチャン。
ジャンプで鬼のように点を稼いで勝つと決めたゆづ。

どっちも自分の強みを活かした戦略。
今回はゆづに軍配が上がった。

GPFのチャンをノーミスと表現した人もいるけど、彼は4T-3Tのコンビが4T-2Tに構成が落ちているし、スピンのレベルも取れていない。
完璧ではなかったんだよね。
そして4Sと最後のスピンが決まらなかったゆづ。

だから、完璧なチャンと完璧なゆづが戦ったときにどうなるのか?
私は今からそれがワクワクどきどき。

わかって欲しくて、書いてみたのに、テレビではわかりやすく修造が説明してくれています。
あははは。一生懸命に書いたのにな。

ま、そういうことです。

確かに、PCSはちょっと出すぎた感はあるけど。
毎年、グランプリファイナルは点数が出る傾向にあるよ。
そして、きっとオリンピックではもっともっと出るよ。


さて、どうなるのかな?