読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Gold!

羽生結弦くんの応援ブログです。ここで記載されている内容はあくまでも私の個人的な意見であり、正当性を評価したものではありません。どのように受け取るかはそれぞれがご判断ください。

【雑感】負け犬にはなりたくない

f:id:t_seria:20130324144452j:plain

私は長いこと、ネットの世界に生きている。
1995年くらいからインターネット利用を始めたから早い方だと思う。
だから、ネットのいいところも、悪いところもよく知っている。
その上で、自分にとって都合のいい使い方をしてきたつもり。
今でも、その姿勢を変える気はまったくない。

それでも、時々、苦言を言葉にしたくなるときがある。
見てみぬふりをした方がいいと思いながら、どうしてもそれを許せないと思う時がある。

今がまさにそうなんだろう、なと思ったので書くことにした。

芸能人、アスリート、何らかの理由でマスコミに取り上げられると、
その人を応援する人も増えれば、アンチも増える。
それはある意味、有名税だろう、と思うし、気にしすぎてもしかたなのないことだと思っている。

 

だけど、あまりに品のないその姿に、とても寂しい気持ちになる。

 

フィギュアに視点をしぼってみる。

検索して出てくる、あきれた言葉の羅列。
なぜ、そんな言葉を選べるのだろう。

日本のトップ選手、世界選手権で上位にいるような選手、
その人たちがそこにたどり着くまで、どれほどの努力と、
どれほどの時間を費やしてきたか、想像くらいできるだろう。
なんの取り柄もない、普通の人とは比べ物にならない経験をしていること、
想像できるだろう。

なのに、そんな世界レベルで活躍する選手に対して、もう、暴言とも言える言葉を、
誰もが普通に見える場所で平気で垂れ流す。

 

それを書き込むとき、どんな気分なの?と正直、聞いてみたい。
自分が一つでも世界に近づくほどの努力をしている人は、
その努力の重みを知っている。
軽々しく批判することなんて思いもよらない。
だって、自分にはどう頑張ったってその世界にたどり着けないのだから。

 

ただの負け犬の遠吠えだよね。
実名で顔をだしてできないような批判をネットの匿名の世界でする。

 

そんな言葉に選手達が傷ついてなければいいな、と思う。

そして、自分の応援する選手のファンがやっている、そういうことを見かけたら、
やっぱり、やめた方がいいよ、と声をかけたくなるだろう。
その選手の品位を落とすことをファンがするなんて、おぞましくて考えたくもない。
それをもう、ファンとは言えないと思う。
大切にしたい人を守れないファンなんて、自己満足でしかない。

そう思ってくれる人が増えることを願ってやみません。

少しでも、貴方たちを傷つける言葉が減りますように。
競技に専念できる環境が整いますように。