読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Gold!

羽生結弦くんの応援ブログです。ここで記載されている内容はあくまでも私の個人的な意見であり、正当性を評価したものではありません。どのように受け取るかはそれぞれがご判断ください。

■進化の兆し

本当は3時に起きようと思っていた。
初めてのプログラムを早く見たかったけど。
でも、体は目覚めない。
今週は寝不足だったので、無理でした。
たまたま、仕事が忙しいのです。
今、頑張らないと、カナダに行けないので、一生懸命です。

それでも起床は5時半。
起きて、まずしたことは、スマホでTLを確認すること。
どんな練習風景だったのだろう、とものすごく気になって眠りに落ちたから。

たくさんつぶやかれている現地レポート。
公式サイトで公開されている映像がワラワラと。

まずは、映像を見るところから。
結果、予想はいい意味で裏切られたような気がします。
思ったよりも仕上がっている感じ。
通し練習を見るともちろんエレメンツを抜かしているところもあるのだけれど、
この時期にしては振りのひとつひとつがしっくりと来てて、凄いな、とひたすら感動。

私の大好きな美しいジャンプにうっとり。
でも、何度も見返しているうちに、ちょっと違和感が。

彼はとっても細くて、ジャンプしている姿が棒のように見えるイメージだったのだけど、体幹がしっかりしたというか、真ん中にエネルギーが溜まっている感じにみえて、
ジャンプそのものの安定感がものすごく増したような感じがありました。
なんだろ、この安定感は。
と思いながら、何度も映像をリピート。

よ~く、よ~く、見ると、太もものあたりの筋肉が恐ろしく育っていることに気づく。
棒がうすーい菱形になっているイメージ。
ジャンプそのもののシルエットが見事に変わっている感じ。
その結果なのか、とても安定した感じのジャンプに。

しゅっとカッコよかったジャンプが、軽く、強いジャンプになったように見えて、鬼リピ。(もしかしたら私の妄想かも知れませんw)。

短期間にこんなジャンプを手に入れたんだ、と感慨深げに。

そして、SEIMEIの動き。
あまりにもかっこよくて、鼻血でそうでした。
もう、うっとり。
ある雑誌のシェイリーンとケンジ先生の対談で、シェイリーンがゆづがかっこよく見えるところをしってるから、なんて話が出てたのだけども、まさに、そう。
彼の所作のどこが美しいかを知ってるんだな、と本当に思う。
オペラ座もゆづに合ってるプログラムだな、と思ったけど、SEIMEIはその上を行くんじゃないかな、と期待は風船のように膨らむ、膨らむ。

もう、フリーが待ちきれません。

フリーがこの完成度ってことは、バラ1はどんなに進化してるのでしょう?と思うと期待しかありません。

ふと、神戸で福間さんとバラ1を即興コラボした時、ゆづは何を考えていたんだろう、と思いを馳せます。
世界選手権のあとに継続を決めたというバラ1。
きっと次にどんなブラッシュアップをするのか、何を変えていくのか、そんなことも感じながら、あのコラボで何か、福間さんの音から新しいアイディアだったり、インスピレーションを受け取ってたかも。
それが今年の演技につながっていたら、どんなことになっちゃうのだろう、と、ふと。

あれが映像で見れないことが本当に残念。
自分の頭のなかから映像を取り出して何度、見たいと思ったことか。

これ以上待たされたら、バラ1も、SEIMEIも、妄想が膨らみすぎて困ります。
明日が待ち遠しくって、1秒1秒が長く感じます。

あ、そういえば、映像で4T-3Tを跳んでいるのを見ました。
あれ、どこで跳ぶのはとても、興味津々。
もしかして後半の4T-2Tを安定させるため、練習で4T-3Tで跳んでたりして、なんてとんでも予想をしてみる私でした。

ああ、シーズン、始まるんだなぁ。
始まったら、きっとあっという間。

トップスピードで駆け抜けるシーズンがやって来たね。
ワクワク、ドキドキしながら、遠足の前の日の子供のような気分で眠ります。
(まだ、寝れねいけどw。)