読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Gold!

羽生結弦くんの応援ブログです。ここで記載されている内容はあくまでも私の個人的な意見であり、正当性を評価したものではありません。どのように受け取るかはそれぞれがご判断ください。

【雑感】私に何を期待しているのでしょうか?

黙っていればもしかしたら、時間が過ぎて薄れていくのかもしれません。
そういう選択肢があったかもしれませんが、それを選択することはやはり難しいです。

私があのブログを紹介したことがこれほどの大事になるとは正直、思っていませんでした。

前の記事にも書きましたが、私はあの記事だけを読んでその内容に涙した、と書き、ご紹介させていただきました。
そのことにいろいろ意味づけされている方もいらっしゃいますが、どれも正しくありません。
私の心で感じたことをご自分で意味付けされて勝手に解釈されてるだけです。
他のみなさんがどのような思いでその言葉を受け止めたのか分かりません。

ブログ主の言葉に刺があるという表現をされていた方もいました。
ぶっきらぼうな表現もあったかもしれませんが、私は彼をよく見ているな、と感じたのです。
彼が選択したものをちゃんと見ている、そう感じました。
そして、言葉にするには危険な考えをファンでもない選手のために選択する勇気があるのか、というのに驚きました。
ああいう生き方で自分を示すことは無駄じゃないんだ、という思いが涙に繋がりました。
理解されて嬉しかったのは私の辛さではなく、彼自身のがんばりです。

だって、私、辛くないですよ。
彼が非難されることに怒りはあっても、私にはそれを口に出来るチャンスもあるし、
ネットの中にも、そしてリアルでも私が感じている憤りを理解してくれる人がいます。

誹謗中傷の言葉を見て辛いのはきっと選手自身だと思います。
だから、あのブログを見て、私は泣いたのです。

そのことを恥じたり、悔いたりするつもりはやっぱり今でもありません。
今、公開されているブログを読んでも私にはそれほど大きく引っかかるところがないのです。
これを言うことでまた叩かれそうですが、私にはそう感じられたということです。
それで私に失望されるのであればそれも仕方ありません。
考え方は違っているのだと思ってください。

そして一部の方は私に暗に改心することを求めています。
私がゆづに対する批判にたいしては意見をいうのに、他の選手にたいするそれに理解を示さないことへの批判です。
それが陰謀論への加担だとおっしゃるかたもいらっしゃいます。

私もTwitterでRTをする時はプロフィールを見たり、前後のツイートを見たりする程度の自己防衛はします。
でも、それは自己防衛のためであって、すべてのフィギュア選手とそのファンを思ってではないのです。

私を批判される方々は普段から過去の経緯にすべて目を通されて発言されているのですか?
それはとても立派なことですが、時間に余裕がなければ出来ないことです。
その余裕がなければブログ記事ひとつ紹介するな、とそういうことを言っているのですか?
それを見て気づく嗅覚をもつように努力して欲しい、というようなご意見もありました。

なぜ、そこまで求められるのでしょうか?
それはたまたま私のフォロワーが多いからですか?
すべてのフィギュアファンにみなさんはそれを要求されるのですか?
私が「ゆづ」を擁護するからですか?

何度、考えても私にはその発想を受け取ることができません。
そうでなければフィギュアファン失格だと思われるのなら、そのように受け取られるのも仕方ないです。

私は完璧な人間ではありません。
間違いばかりおかす人間かもしれません。

それでも、あなた方の主張が正しいとは思えませんし、それが誰にでも受け入れられると思っていることには憤りを感じます。

自分が正しいと思うことのために、自分が戦う。
自分が守りたいもののために自分が力を発揮する。
そのスタンスはどれほど非難されても私は変えないでしょう。

もっと言えば、わたしひとりが見ないでなかったことにすると、それはなくなるようなものなのですか?
その事象をなかったものにしたくないのなら、それぞれが声を上げればいいのではないですか?
なぜ、それを私に求めるのでしょう?
そんな期待をされても困ります。

私をフォローしてくださっているゆづファンのみなさま。
私の言葉を大切にしてくださった皆様。
失望させて本当にもうしわけないです。

ですが、これが私のすべてです。
残念な人だと思うなら、フォローを外していただくなり、ブロックしていただくなり、してください。

そして最後にもうひとつ。
声高に私にそれを求めている方のひとりはかつて利用していたアカウントで選手を非難していましたよね。
ここで言葉で表現するのがはばかられるくらいの厳しい言葉で。
アカウントを消して、過去をなかったことにしたから、その言葉を私に向けられる、そういうことですか?
しらばっくれるつもりならそれでもいいです。
敢えてアカウントは晒しませんが、ご自分のことだから分かるはずですよ。

私はそれもありだと思います。
人の意見は変わりますし、その時々、揺れることもあるでしょう。
それをふまえて他人も見るべきではないのですか?ということを伝えたいのです。

あなた方の望む人間になれませんが、私は自分がオープンに発信することを諦めません。
そして、今回のようなことがあれば、私なりの意見をまとめて言葉にすることも変わりません。
何一つ、期待に添えませんが、ファンであることもやめません。
だから、もう私に期待するのはやめてください。
自分たちの大事なものは自分で守ってください。