読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Gold!

羽生結弦くんの応援ブログです。ここで記載されている内容はあくまでも私の個人的な意見であり、正当性を評価したものではありません。どのように受け取るかはそれぞれがご判断ください。

【IceShow】Together on Ice  ~ゆづの凱旋公演 その2~

半分でこんなに魂持って行かれてどうすんの、と反省しつつトイレに。
今日の席の良かったところはトイレがむっちゃ近かったこと。
比較的、待たずにたどりつけました。

後半に突入する頃には暑かった会場に一気に空調が動き始めて、ひんやりと。
・・・とは言え、寒くて、防寒具がいるほどではありませんでした。
私は半袖にショール一枚で乗り切れました。

2部の最初はアイスリンク仙台の女性スケーターのみなさま。
「Let it go」で柔らかい滑りを見せて頂きました。

ちょっと涼しくなったところに、BREATHEのお二人。
彼らも初めて聞くアーティストでしたが、彼らも仙台、ゆかりの人々。
ハビとのコラボのSo Highという歌詞はやっぱり、ゆづに繋がっているのかしらと感じるもの。
それをハビがどんな気持ちで滑っていたのかしら、といろいろ考えながら見ていたけど、
ハビもとっても楽しそうに滑っていて、それが微笑ましかったな~。

本田さんも今日は2プロ。
見どころは、というか個人的に好きなのはイーグル。
最近、イーグルが好物w。
ゆづ、こづのイーグルがとっても好きなんだけど、本田さんのも、うっとり~!

そうそう、トマシュも2プロ。
ニューヨーク・ニューヨーク」はオシャレなプロ。
コートと帽子で現れたトマシュ。
・・・あれ、最近、こんなカッコをどこかでみたことあるぞ・・・。
帽子を華麗に投げて、ちょっとづつコートをはいで、客席を盛り上げていく。
お客さんもきゃー、きゃー言いながらハマっている感じ。

ああ、もうちょっと、前にいたら、きゃーきゃー出来たかしらと。

そして、やはり、あの方が会場の空気を変えました。
そう、プル様。
ソチでのあの姿を見ていたので、無理しなければいいな、と思ってました。
いいよ、ジャンプなんて跳ばなくて、なんて、思ってごめんなさい。
やっぱり、プルはプル。
やる気満々でジャンプを次々と。
コンビネーションジャンプまで跳ぼうとして、リンクのはしすぎてセカンドジャンプが上手く行かなかったけれど、もう、やり過ぎですから、それ、と思ってました。
きっと滑れる事が本当に嬉しいんだろうな、という空気、ビンビンと伝わって来て。
会場中が熱狂的なプルファンなの?と思うくらいのテンション。
やっぱり、プルも、ゆづも好きよ!という人は多いのかもしれない。
もしくはゆづを大事にしてくれる人はみんな好きよ、なのかしらw。
これはプル様のためのショーだ、と言われても納得するくらいの盛り上がり方。
復帰して初めて滑る場所がここで、プル様にとってもよかったんじゃないのかな。
でも、もっともっと、プル様が滑っているところを見たいので、ムリしないでね。
やっぱり、皇帝は皇帝。
もう格が違うっていうか、何もかもが違う。
ああ、ここでこのプル様を見れて幸せ。
ステップ、すごかった。

いつか、ゆづもこんな風に思われるスケーターになるのかしら?
ううん、きっと、ゆづはどこまで言っても「羽生結弦」というスケーターだよね。

最後のアーティストはモンキーマジック。
素敵な曲をたくさん披露してくださいました。
あまり知らなくて、もうちょっと、予習してくればよかったな、と反省。
今日、これから頑張ります!

さて、ゆづのもう一つのプログラムは「Change」
動画で何度も何度も見て、ライブで見たかったな、と思っていたプロ。
三味線の音に合わせて出てきて、準備をするシルエットが見えて、どんなものを見せてくれるのかしら?とワクワクしていたら、もう、びっくりするくらいの進化っぷり。
このプログラム、こんなにカッコよかったっけ?とビビるw。
ひとつひとつのポーズが流れず、きっちり決まる。
静と動がはっきりしていて、見応えのあるものでした。
4年という時間でどれほど努力をして辿り着いたか、きっと見比べるとはっきり分かるのでしょう。
ここで、ななみセンセの振付のこのプログラムを滑って気持ちよかっただろうな。

滑り終わったゆづがマイクを持って出てきて、トーク。
いろんなものへの感謝を伝えつつ、「本当に」を何度も、何度も言うくらい、楽しくって、
嬉しかった様子が伝わってきて、ああ、ここで、このショーが出来てよかったね、とそう思える時間でした。

フィナーレ。
みんなが踊っている姿を見て、これはななみセンセの振り付けじゃないのかな?と思ってた。
あとでツイッターでそうらしいということを知って。
さらにこみ上げてくるものが。

ショーの最後で、スケーターを一人ひとり見送って、最後にもう一度挨拶をして、
退場をしながらも後ろ向きで手をふるゆづを涙なしには見れませんでした。

ありがとう。
こんな素敵なショーを見せてくれて。

まだまだ書かなきゃいけないこと、あるきもするけど、もう、眠くなってきましたw.
また、明日も、感想書きます。
・・・レポートとはとても言えない。

おやすみなさい。