読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Gold!

羽生結弦くんの応援ブログです。ここで記載されている内容はあくまでも私の個人的な意見であり、正当性を評価したものではありません。どのように受け取るかはそれぞれがご判断ください。

【GPS】Go to Canada 2

f:id:t_seria:20131024065354j:plain

とうとう今日がやってきた。
あと数時間後には機上の人になる。
まだまだ時間があると思っていたけれど、あっという間に時間は過ぎてしまい、
慌てて買い物に行ったり、荷造りしたりしました。

カナダに行くのはこれで3回目。
私のジンクスで最初に仕事で行った国には何度も行くことになるらしいです。
例えば、マレーシアでは最初に仕事で行ってから、何度も何度も訪れる国になったのですが、カナダは行くたびに好きになる、将来住みたいな、とも思える素敵な国です。

荷造りをしながら、スケートアメリカを見ていました。
このグランプリシリーズは本当に混戦状態。

もう、誰が勝っても、負けてもおかしくない。
今頃、クリケットとゆづは「選ばれし6人」になるためにスケートカナダをどう戦うか考えているに違いない。

彼はどの大会でもきっと表彰台のてっぺんを狙うつもりだろうことは想像に固くない
オリンピックまでの道のりで微塵も負けることを考えていないだろう。
鮮やかなブルーのシャツを身にまとった新しいパリの散歩道。
フィン杯では3Aが抜けてしまったけれど、今度はスッキリ決めて、ドヤ顔でフィニッシュするに違いない。
さらに、BVのむちゃくちゃ高いロミオとジュリエット
でもジャンプを飛ぶだけでなく、今度はその世界観を見せてほしいところ。

そんな思いもあるけれど、元気にリンクを躍動してくれる姿を目の前で見られればいい、そんな風にも思ってる。

それよりも何よりも、まずセント・ジョンまでの17時間にもおよぶ長旅をコンプリートするところから。
しかもAir Canadaのフライトなので、何が起こっても驚かないココロの準備も。
ま、旅行はトラブルも含めて、楽しむ、と思えば何が起こっても怖くない。

私にとって羽生結弦はそれだけのもろもろをかけても応援したい選手になったのだな、と感慨深げ。

ずうずうしくも観客席のジュリエットのひとりになりに行ってきます。

可能な範囲で現地レポの予定です。